HOUSE

K邸

コンセプト

施主から求められたイメージが「居酒屋」でした。
明るすぎずかつ暗すぎない空間、生活感を隠しながらもかすかに感じさせる、という微妙なニュアンスの空間を目指しました。
外観は黒に近い暗茶色の鋼板で覆って、窓は最小限にとどめました。
これは、南側に高層のマンションが建っているためプライバシーを確保するためです。
無機質な外観から一転して、内観は人間味あふれる素材を多用しました。
玄関とひとつながりの暗色タイルの土間は、ここが住宅であることを忘れさせてくれます。
小上がりのフローリングはチークのオイル拭き仕上げは、手触りよく温かな雰囲気を空間にもたらします。
きれいな柾目のタモ突板家具と、火山灰の左官壁の粗い手触りは、空間に繊細と無骨の好対照のリズムを与えてくれます。
太鼓張り障子から柔らかな光が漏れ、空間をほのかに照らしてくれます。

建物概要

主要用途専用住宅
所在地:兵庫県芦屋市
敷地面積137㎡
延床面積126㎡
構造・規模木造在来工法/2F建て
施工(株)出崎工務店
設計期間2006.05~2007.03
施工期間2006.04~2007.11
写真撮影ミサオケンチクラボ
2020-10-20 | Posted in HOUSE, WORKS